「ミシュランガイド東京2020」11月29日発売 464軒の飲食店・レストラン掲載

ⓒMICHELIN

 タイヤメーカーのミシュランがドライバーに旅の楽しさを伝え、旅に誘うことを目的に制作する「ミシュランガイドは、今年で創刊 120 年。

 日本ミシュランタイヤ(ポール・ペリニオ社長)は、東京の最新セレクションを紹介する「ミシュランガイド東京2019」を11月29日に発売する。東京の厳選した飲食店、レストラン、宿泊施設を紹介する同書は、2007年アジアで初めて発行いらい毎年更新され、今年で13年目。

 「ミシュランガイド東京2020」には464軒の飲食店・レストランと34軒の宿泊施設を掲載。そのうち星付きの飲食店・レストラン数は238軒で、これは星付き掲載店数で世界一となる。

 うちわけは、「そのために旅行する価値のある卓越した料理」三つ星11件、「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」二つ星48軒、「近くに行く価値のある優れた料理」一つ星167軒、「6000円以下で価格以上の満足感が得られる料理」ビブグルマン238件。宿泊施設は1件の旅館、33件のホテル。なお、ビブグルマンの定義は消費税アップの影響で昨年度の5000円以下から改訂された。

 三つ星のうち、「かどわき」(中央区/日本料理)は12年目にして三つ星での掲載。二つ星には、評価を上げた「プリズマ」(港区/イタリア料理)は2008年に一つ星として初掲載され、日本唯一の二つ星の評価となった。

 ポール・ペリニオ・日本ミシュランタイヤ社長は「東京は良質な素材が集まる利点があり、さらにそれを調理するすばらしい腕前の料理人も国内外から集まる東京は、美食都市として世界をリードし続けるでしょう。また、女性シェフの飲食店・レストランが年々増えてきていることも特質に値します。2020年に東京を訪れるであろう多くの観光客にも、ミシュランガイドを利用してすばらしい体験をしていただけることを願っています」とコメントした。

 出版記念パーティーには、料理人やシェフ、関係者はじめ約800名が顔を見せた。

三つ星の11件の料理人

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供