赤羽国交大臣へ要望書を手渡す 自動車損害賠償保障制度を考える会

 「自動車損害賠償保障自動車損害賠償保障制度を考える会」(福田弥夫座長)が、11月22日に赤羽一嘉・国土交通大臣へ要望書を手渡した。

  2020年度予算を巡り、何とかして予算を付けてもらおうと目論むさまざまな団体が各省庁へ門前市をなす状態だが、「自動車損害賠償保障自動車損害賠償保障制度を考える会」の場合は、状況が異なる。

 自賠責保険料は、平成6年度および7年度に、財政事情の悪化を理由に、自賠責保険料の積立金2兆円のうち1兆1200億円が自動車安全特別会計から一般会計に繰り入れられた。その後、繰り戻されない状況が続いていた。

 平成29年12月18日付けで、麻生太郎財務大臣と石井啓一国交省大臣の間で「平成30年度において、23億2030万円を自動車安全特別会計自動車事故対策勘定に繰り戻すこととする」という覚書が交わされた。一昨年23億円、昨年37億2000万円の繰り戻しが実現したものの、まだ6121億円が返還されていない状況だ。

 2020年度予算において繰り戻しを実現すべく、赤羽国土交通大臣や額賀福四郎・自動車議連会長へ陳情活動を行った。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供