トヨタG国内販売7ヵ月ぶり前年減 消費増税と台風19号の影響

   消費増税直後、10月の国内新車販売台数は、トヨタ10万5049台(対前年比20.7%減)、ダイハツ4万1532台(26.4%減)、日野3693台(30.2%減)で、トヨタグループ全体では15万274台(22.6%減)

 7ヵ月ぶりの減少となった要因は、10月1日からの消費税率10%増税の反動減および台風19号の被害による納車遅れとみられる。

 世界販売も85万4168台で、7ヵ月ぶりの減少。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供