「JapanTaxi Data Platform」を紹介 JapanTaxi

   4大タクシー会社の一角、日本交通グループの#JapanTaxi(川鍋一朗社長)は、タクシーが持つアセットの価値最大化を目的に立ち上げた「JapanTaxi Data Platform」を「シーテック2019」の「Society5.0」で紹介した。

 東京都内で約4500台の日本交通タクシーが24時間走り続けて取得したデータを活用し、#トヨタ、KDDI、アクセンチュアとの共同開発で、日本初のタクシー配車アプリを開発。昨年3月から試験導入が始まっている。試験で得られたデータを基に、タクシー運航の効率化、生活の利便性や安全性を向上させるとともに、未来の自動運転社会を見据えた取り組みを提案する。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供