高速道路の周回・迂回料金検索が可能に「とーるナビ2」

「とーるナビ2」

 高速道路の建設、管理に関する最先端技術や新工法を紹介する「第16回・ハイウェイテクノフェア2019」(主催・高速道路調査会)が、10月8日と9日に東京ビッグサイト青海展示棟で開催中。

 出展者数は、289者。

 このなかで注目を集めたのが、ハイウェイ・トール・システム(鈴木次雄社長)が開発した「とーるナビ2」。高速道路の料金は「ドラぷら」(NEXCO東日本)などを利用すれば調べることができるが、通行止めや渋滞などの理由で最短ルートを通行しなかった場合は、そう単純にはいかない。

 このソフトウェア「とーるナビ2」では、こうした高速道路の周回・迂回料金といった特殊料金が検索できる。PCのwin対応ソフトだが、NEXCO中日本では携帯端末でも利用が始まっている。

 現状おもな用途は高速道路の料金収受員向けのいわゆる業務用ソフトだが、出入り自由なSA、PA「スマートIC」が拡がった際、移動や観光の自由度拡大へ期待が持たれている。また、カーナビでは最短ルートが検索できるよう設定されているが、それに料金を組み合わせることで、新たなルートを選択できる。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供