5154万円超 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがアジア初公開

 車両本体価格5154万8373円!

 アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンが、年1回のオーナーイベント「Lamborghini Day Japan 2018」を、11月21日に横浜スーパーファクトリーで開催。イベントの席上、同社のフラッグシップモデル「ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ」をアジア初公開した。

 車名の「SV」は「スーパーヴェローチェ=超高速」、「J」は「イオタ=サーキットで優れた性能を発揮することを意味する。その名の通り、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、市販車最速となる6分44秒97という記録を打ち立てた。

 新開発の自然吸気V12気筒エンジンを搭載。チタン製の新しいインテークバルブを採用した。4輪駆動、4輪操舵、0-100㎞/h加速は2.8秒、最高速度350㎞/h以上というスペックを誇る。

 その後、150台のランボリギーニが横浜市内中心部をパレードした。


0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供