トヨタ新役員体制 副社長職を廃止

   トヨタ(豊田章男社長)が、2020年4月1日付で役員体制を変更する。

  「副社長」職を廃止。3名の副社長を「執行役員」にし、豊田章男社長以外の21名の執行役員を同格にした

   そのうえで、チーフオフィサー、カンパニープレジデント、地域CEO、各機能担当に分け、それぞれの役割をより明確化。役割は固定せず、その時々の適任者を配置する。

  豊田社長は「さらに階層を減らすことによって、私自身が、次世代のリーダーたちと直接会話をし、一緒に悩む時間を増やすべきと判断した。次世代のために、今、私がやらなければならないことは、何よりも『トヨタらしさ』を取り戻すことだと思っています」と述べた。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供