ホンダ系と日立製作所系の部品メーカー4社が合併 国内3位のメガサプライヤーが誕生

日信工業 新型 対向4POTキャリパー

   ホンダ系の部品メーカーのケーヒン、ショーワ、日信工業と、日立製作所の完全子会社である日立オートモティブシステムズが、10月30日に経営統合に合意。国内第3位の連結売上収益1兆7000億円規模となる自動車・二輪車システムのグローバルメガサプライヤーが誕生した。

 合併後はケーヒンのパワートレイン事業、ショーワのサスペンション事業及びステアリング事業、日信工業のブレーキシステム事業におけるそれぞれの優位な技術と、日立オートモティブシステムズが有するパワートレインシステム、シャシーシステム、安全システムの3つのコア事業の強みを組み合わせることで、より競争力のある技術・ソリューションを確立。スケールメリットを生かしたパーツを世界中へ供給する。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供