世界初の高速道路ハンズオフ機能「プロパイロット2.0」を搭載 日産スカイライン発表

スカイライン

 1957年に初代モデルが登場した日産自動車(西川廣人社長)を代表するプレミアムスポーツセダンのスカイラインが、7月16日に発表。9月から全国一斉販売される。

 スカイラインといえば、「技術の日産」を象徴するその時々の最先端装備が装備されるが、新型スカイラインには、世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載。「プロパイロット2.0」は、一定条件下で高速道路の同一車線内でのハンズオフ(手離し)が可能になる。

 リアにはスカイラインの伝統、丸目4灯リアコンビネーションランプを採用した。

 ガソリン車には3.0L V6ツインターボエンジンを新搭載。スカイライン史上最高、400馬力超の400Rもラインナップした。

 価格(税込み)は427万4640円から。月間販売台数は300台。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供