カローラスポーツが予防安全性能評価で最高得点 平成 30 年度前期自動車アセスメント

  「安全なクルマはどれか?」その公的指標となるのが、国土交通省と独立行政法人・自動車事故対策機構(NASVA)が車両衝突安全性などを評価する自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program略称JNCAP)。平成 30 年度前期自動車アセスメント結果発表会が、11月29日に開催された。

   注目されたのは、本年度から新たに予防安全性能評価の対象に加えられた「対歩行者被害軽減ブレーキ(夜間街灯あり)」、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」。その結果は、トヨタ・カローラ スポーツが両項目で共に満点を獲得。予防安全性能評価の126点満点中122.4点で、最高得点となった。

   被害軽減ブレーキのような事故を未然に防ぐ技術を評価する予防安全性能評価では、10 車種中カローラスポーツ、スズキ ソリオ/三菱デリカD:2、スバル・フォレスター、ホンダN-VAN、マツダ・アテンザ、三菱ekスペース/日産デイズ ルークスの6 車種が、最高評価である「ASV+++」を獲得した。

 俗に「クラッシュテスト」と称される衝突時の乗員や歩行者の安全性を調べる衝突安全性能評価では、三菱エクリプス クロス、トヨタ・カムリ/ダイハツ・アルティス、スズキ・クロスビー、ホンダ・オデッセイの乗用車 4 車種を俎上に挙げた。

   結果は、4 車種全てが最高評価の「ファイブスター賞」を獲得。エクリプス クロスが100点満点中89.7 点で、最高得点を得た。

   詳しい評価結果については、NASVAのHPをご参照ください。http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html



0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供