2018年上半期中古車登録台数 2.4%減

   自販連(小関眞一会長)が発表した2018年上半期(1月-6月)の中古車乗用車登録台数(新規登録台数と所有権の移転登録台数および使用者名の変更登録台数の3業務合算のナンバーベース)は、174万813台(対前年比97.6%)で、前年同期より2.4%減少した。うちわけは、普通乗用車93万2070台(99.9%)、小型乗用車80万8743台(95.1%)。

   貨物車は19万7003台(99.5%)。乗用車と貨物車に、バスおよび特種用途車・大型特殊車・小型三輪貨物車を合算した総合計は、198万2711台(97.8%)。

   また、抹消登録台数の方は、輸出抹消登録台数67万5585台(98.8%)、永久抹消登録台数12万4347台(110.2%)、一時抹消登録台数220万4115台(99.5%)。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供