先進安全システム「新世代アイサイトX」を全車標準装備 SUBARUレヴォーグ

SUBARUレヴォーグ

 SUBARU(中村知美社長)が、パフォーマンスワゴンの新型レヴォーグを10月15日に発表した。

 中村知美社長は「新型レヴォーグは、次世代スバルのトップバッター。先進安全、スポーティ、ワゴン価値の3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴン」と述べた。

 「先進安全」では、360度センシングを実現し、リアルワールドにおける安全性を進化させた「新世代アイサイト」を全車標準装備。さらに、3D高精度地図データと、GPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を搭載したグレードを新たに設定し、新次元のストレスフリーなセイフティドライビングを実現した。

 「スポーティ」では、新開発1.8L直噴ターボ“DIT”エンジンやスバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造により、走りの質感を飛躍的に高めた。新デザインコンセプト「BOLDER」をSUBARU量産車で初めて採用し、スポーティさを大胆に表現した。

 「ワゴン価値」では、快適性や積載性を実現するワゴン機能やインテリアに磨きをかけた。大型センターインフォメーションディスプレイや、アイサイトX搭載グレードに採用のフル液晶メーターで構成された先進的なデジタルコクピットは、運転に必要な情報の認知から操作を、よりスマートにサポートする。

 8月20日から先行予約を開始し、発表前時点で8290台。そのうち、高度運転支援システム「アイサイトX」搭載グレードが93%を占める。

 価格(税込み)は、310万2000円から。

0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供