フィアット500Xに新世代1.3Lターボエンジンが搭載

 FCAジャパン(ポンタス・ヘグストロム社長)が小粋なデザインで人気の小型イタリア車、フィアット500Xを改良し、5月18日から発売を開始した。

 500Xは2015年10月にフィアット初のスモールSUVとして日本市場へ導入された。今回の改良モデルでは、新世代のオールアルミ製1.3L直4ターボエンジンを搭載。従来モデルの1.4Lターボからダウンジングしたものの、最大出力151㎰(11㎰増)、最大トルク270Nm(20Nm増)を発し、燃費は約10%向上した。

 フロントフェイスは、LEDライトを新しく採用。よりかわいらしさ+SUVらしさが強調された印象だ。

 価格(税込み)は、エントリーグレード500Xが298万円。LEDヘッドライトのほか、レザーシート、デュアルゾーン式フルオートエアコンなどの快適・安全装備がついた500Xクロスが334万円。


0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供