デジタルアウターミラー搭載 7代目レクサスES発売

 累計販売台数220万台を誇るレクサスの基幹モデル、7代目ESが10月24日に東京ミッドタウン日比谷内レクサスミーツでお披露目された。

 新型ESは乗り心地、静粛性、FFならではの広い室内空間といった上級の快適性をさらに進化。内外装デザインも大幅改良した。新設計のGAKプラットフォームの採用、新型2.5LHVシステムによる走行性も魅力。

 量産車として世界初採用のデジタルアウターミラー(21万6000円、オプション設定)、予防安全パッケージ「レクサス・セーフティ・システムプラス」など最先端の安全技術を搭載する。

 価格は、580万円から698万円(消費税込み)。

 9月末時点での発売前受注は2200台。そのうち7割をレクサスオーナーが占めている。


0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供