世界初 自動運転タクシーが大手町⇔六本木間でサービス実証実験

 自動運転の実験車両や物流ロボットを手掛けるZMP(谷口恒社長)と、大手4大タクシーの一角をなす日の丸交通(富田和孝社長)は8月27日から9月8日まで、自動運転タクシーによる公道での営業走行の実証実験を世界で初めて実施した。今回の実験ルートは東京・大手町フィナンシャルシティ グランキューブから六本木ヒルズを結ぶ都心のド真ん中を走る約5.3㎞。料金は片道1500円で、ミニバンタイプの実験車両には、日の丸交通のプロドライバーとナビゲーターが乗車した。今回の実証実験には96枠に対して約1500件の応募があり、自動運転に対する関心の高さがうかがえる。

 ZMPと日の丸交通は、2020年のレベル4レベルの自動運転タクシーの実用化をめざし、2017年6月より協業を開始。これまで愛知県、神奈川県、東京都文京区、お台場で実証実験を重ねてきた。

 西村明浩ZMP取締役は「自動運転の実証実験で得られた走行データを、自動運転アルゴリズムの開発、改良に活かしたい」。

   富田和孝・日の丸交通社長は「タクシー事業会社にとって、自動運転は敵ではない。味方として取り込んでいきたい」と話した。


0コメント

  • 1000 / 1000

中古車Rパーツ

https://ucar.amebaownd.com/ 自動車流通の中核プレーヤーをなす部品、中古車にフォーカスした情報を提供